News 新着情報

「文才!身障者のテレワーカー日記」 【第4回】こんにちは医療センター

「文才!身障者のテレワーカー日記」
「文才!身障者のテレワーカー日記」 【第4回】こんにちは医療センター

皆さんこんにちは。広報部の宮川です。

前回に引き続き、今回も引越しについて書かせていただきますね。

(前回の記事→http://www.repair-service.jp/news/1399/)

下された緊急事態宣言

 
札幌移転まで残り半年を切った、2020年2月28日。
北海道知事より、緊急事態宣言が出されました。
 
 
果たして半年後、札幌に移転できるのか?
どうか、コロナが収まりますように。。。という願いも空しく、
日本政府は4月7日に7都府県を対象に緊急事態宣言を行い、16日には、対象を全国に拡大しました。
 

不安に揺れる病院内

 
緊急事態宣言後の病院内は、消毒清掃の強化はもちろんのこと、面会や外出・外泊の全面禁止。
職員の遠出も自粛され、4月から入る新職員は二週間の自主待機を経てから働く等、
厳戒態勢が敷かれました。
 
そんな不安を押し込んで、自粛期間中にコロナが落ち着くことを祈って、
当日の移送手段等、具体的な準備を進めて一か月。
5月14日に39県で解除したのを皮切りに、25日には全国で緊急事態宣言が解除されました。
 

そして迎える移動日

その後も予断を許さない状況が続きましたが、いよいよ8月を迎えます。
どの患者にどの職員が付き添うのかや、当日車に乗る順番等の当日の細かい予定が発表されます。
移動当日は八雲病院の職員だけではなく、東北系列の国立病院スタッフも付き添いました。
 
付き添う職員と運転手は事前にPCR検査を行い、運転席と後部座席の間にはビニールシートも敷いて、新型コロナウイルス対策もばっちり。
 
 
そして8月下旬。
無事に北海道医療センター西館に到着しました!
感想はただ一言。きれい!!
 
 
 
引っ越してからの様子については、またいつか書かせていただきますね。