News 新着情報

「文才!身障者のテレワーカー日記」 【第10回】呼吸器使用者の入浴方法

「文才!身障者のテレワーカー日記」

皆さんこんにちは。
広報部の宮川です。

8月も後半。
最近は落ち着きましたが、
まだまだ暑い日は来そうですね。。。

暑い日はシャワーを浴びて汗を流したいところですが、
呼吸器着けてる必要がある僕たちは簡単にはいきません。

そもそもどうやってシャワーを浴びているのか?
呼吸器着けてるのにシャワーとか浴びれるのか?
今回はそんな事を書いていこうと思います。

まず前提条件として、
僕たちは基本的に自分の力で
呼吸していく事が出来ません。

呼吸して得れる酸素が自分の力では足りないからです。
そのため、24時間呼吸器を
着けて酸素を得ているのですが、

では入浴時も呼吸器着けるかというと、
呼吸器は電化製品なので、使用し辛い。。。

そうした事情も鑑みて使っているのが、アンビューバック。
医療ドラマとかで見た事ある方もいるかもしれませんね。

上記の画像のような感じで、
呼吸(換気)をしながらシャワーを浴びています。

では呼吸器問題は解決したところで、
シャワーはどうやって浴びているのか?

だいたいこんな感じです。

頭はそのまま洗ってもらい、
身体は横にあるカーテンぽいのを開けて
タオルで拭いてもらいます。
そしてこの機械の中からシャワーが
ずっと出るようになっているので、
そうやって温まります。

如何だったでしょうか?

残念ながらお湯に浸かるのは難しいですが、
シャワーはこのように浴びることが出来ています。

個人的にはお湯に浸かるわけではないので、
最初はしっくりきませんでしたが、
温度設定も出来るので、段々慣れました。

次回も、お楽しみに!