News 新着情報

コロナ禍でも毎月行う「誕生日会」その目的は?

業務日誌

こんにちは
広報部の宮川です。

コロナの影響で外出自粛が続いている中、
リアルで開催する予定だった
イベントも中止になっております。

そんな状況下でも、ずっと取り組んでいる
イベントがあります。
それは「誕生日会」

誕生月に当たる人達と社長を交えて、
一緒に昼食を共にする。

二ヶ月に一度(人数が多い時は毎月)
行われていますが、

初めて行われてから4年が経とうとしていました!

切っ掛けは、
社員との交流の時間が欲しかった社長の考えから。

社員数が増えるにつれて、
それまでは何か指示を出すにも

直接行っていたものが、
常に上席を通してということになっていきます。
そうなると日常的な挨拶や業務中の様子を
見る以外には、
全く社員との接触がなくなってしまいました。
そこで、せめて誕生日位
一緒にご飯を食べることで、
お互いに少しでも
普段に近い様子が知れるのではないか・・・

そんな考えから始めた誕生日会ですが、
社長の企み(?)は大当たり。
どこで食べるかなどの話を聞いていると、
意外に主張が激しかったり、
食事中に意外に細やかな気遣いが出来るんだとか、
マナーがしっかりしているなとか、
仕事では絶対にわからないような面に触れる機会
多々あるんだとか。

恐らく、一緒にする社員も社長に対して
その様な側面を感じているのだと思います。

折角の誕生日、年に一遍くらいは
おいしいものを食べるのはいいことです。
社長はもちろん、社員からも大好評の誕生日会。

コロナ禍の現在は4名以下での人数となってしまい、

黙食の時間が多くなってしまうのは残念ですが、

これからも続けていきたいと思います!